ファンドマネージャーとデイトレーダーの違い

ファンドマネージャーというと、一日中パソコンの前に張り付いて、秒単位で売買注文を出しているような、そんなイメージを持っていませんか?

実はファンドマネージャーはもっと地味な存在です。

ファンドマネージャー

ファンドマネージャーは、デイトレーダーや証券会社の自己売買をしているディーラーや為替のブローカーとは異なります。

一日に何回も売買を繰り返すのではなく、投資対象の分析をして、運用資産全体のリスクをコントロールしながら、運用を行います。

売買を行うのは月に数回程度。

いかがですか?

想像していた働き方とは異なっていたと思います。

ファンドマネージャーは、投資信託会社や年金運用会社で仕事をします。

銀行などで販売している投資信託を運用しているのは、その販売している銀行ではなく、ファンドの運用会社なのです。

意外に銀行や証券会社にファンドマネージャーがいると勘違いしている人が多いようですね。

ファンドマネージャーの年収

ファンドマネージャーの年収はせいぜい2000〜3000万円程度です。

一方、ヘッジファンドような成功報酬型のファンド運用会社のマネージャーであれば、時価総額の1%などが手数料になりますので、億単位のボーナスを得るケースもあります。

しかしこれは特殊な場合でしょう。

ファンドマネージャーとは、一般の人が想像するほど変わった仕事でもなく、億単位の年収がポンポン手に入るような高収入の仕事でもありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です