アメリカ経済ににじり寄る影

思い出せば去年、年末にアメリカでは「財政の崖」の問題が話題になりましたが、その一環として社会保障税(ソーシャル・セキュリティ・タックス)が2%ほど上がりました。

この影響で、ウォルマートの2月売上高が大変な影響を受けているようです。

この影響はウォルマートに限った話ではありません。

アメリカの全ての企業に共通する悩みだからです。

最近の円安は欧米の景気は強く、日本の景気だけが弱いという認識のものですが、それを覆す情報です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です