2014年(平成26年)1月から少額投資非課税制度(日本版ISA)が始まります。

2014年(平成26年)1月から、少額投資非課税制度(日本版ISA)が導入されます。日本版ISAとは、少額投資非課税口座(ISA口座)内で保有する上場株式等や投資信託の配当所得や売買益にかかる税金が非課税となる制度です。

ISAの利用には、専用の口座を開設する必要があります。各々口座を解説している金融機関にお問い合わせください。

日本版ISAの5つのメリット

  1. 上場株式等、投資信託の売却益や配当金/分配金にかかる税金が非課税に
  2. 対象者は日本に住む20歳以上の方
  3. 2014年から2023年まで、毎年100万円のお買付け分が非課税に
  4. それぞれ投資を始めた年から、非課税期間は最長5年間
  5. 非課税枠は最大500万円

1年で100万円1口座。3年かけて合計300万円3口座の開設が可能となります。

考察

年間100万円までという枠は、投資運用を考えるととても小さな額です。その意味では効果が高いものとは思えず、制度としては付け焼刃的な感じを受けます。

ISA口座内の資産は他の口座(特定/一般)とは別枠で考える必要があるなど、非常に融通の効かないものになっています。

途中売却してしまうとISA口座の枠は再利用が効かないという点も注意が必要でしょう。

英国の ISA(Individual Savings Account)の実施状況  – 日本証券業協会

総合すると、このISA口座の目的は貯蓄から投資へと国民の意識を向けさせようということより、日本の金融機関に新たに競争の枠を用意したという意味合いのほうが大きそうです。

一般消費者からすると、制度として使えるものが出てきたので作っておいて損は無さそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です