アフリカの石油産出国ナイジェリア

2050年に、人口が世界3位になるナイジェリアを紹介しましょう。

+ 面 積  — 92万平方Km(日本の2.44倍)
+ 首 都  — アブジャ
+ 最大都市 – ラゴス
+ GDP    — 2066億USD / 2010年(福岡県と同規模)
+ 石油生産 – 世界12位
+ 石油輸出 – 世界8位
+ 宗教   – イスラム教(約50%)北部が中心
キリスト教(約40%)南部が中心

最大都市ラゴスは、1950年には100万人であった人口が、数年後には2000万人を超え、世界10大都市になると言われています。

ナイジェリアの石油産業の発展が人口増加に拍車をかけ、農村部や近隣国から移民が流入しています。

インフラ改善、劣悪な衛生状態、大気や水の汚染、交通渋滞の慢性化など、都市化に対して多くの問題を抱えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です