海外対応のATMカード

海外でのお金はどこで両替しますか?

現地のATMで現地通貨を簡単に引き出せれば良いのですが・・

どこでも使える国際キャッシュカードは、なぜか日本が一番世界から取り残されている分野です。

現在日本で新規に発行できるのは、新生銀行とシティバンクに限られています。

国際ATMネットワーク

ATMで現地通貨の引き出しができるのは、次の3つの国際ATMネットワークのおかげです。

+ VISA International が運営する「PLUS」

+ MasterCard Worldwide が運営する「Cirrus」

+ 銀聯 が運営する「Union Pay」

海外のATMは、かなりの確率で「PLUS」「Cirrus」に対応しています。

しかし、日本の都市銀行では上記ネットワークに参加していません。

しかし、セブン銀行やゆうちょ銀行は使えます。

セブン銀行では、「PLUS」は24時間対応、「Cirrus」も、ほぼ24時間対応(24時前後の20分だけ使用不可)です。

海外の旅行者が戸惑っている姿を見かけると、セブンイレブンを教えてあげましょう。

都銀は、日本人のためのサービスしか考えていないのですね。

APNに参画

ATM情報を管理するNTTデータが、APN(Asian Payment Network)- アジア・オセアニア10か国が参加 –

に加盟することになりました。

タイ、韓国の決済業者とは本年度中に契約し、2015年より相互利用が開始になりそうです。

オリンピックのおかげで、ソフト面の改革(当たり前の改革)が進みそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です