サブサハラ

1月に安倍首相が、中東・アフリカを訪問しました。

アフリカは、エチオピア・モザンビーク・コートジボアールの3カ国歴訪です。

今までアフリカといえば、地中海沿岸の北アフリカや、BRICSの一員である南アフリカでした。

しかし今回は、今まで縁遠いサハラ以南(サブサハラ)にも足を伸ばしていることに注目です。

人口増加

2030年にアフリカの総人口は、インドを抜くと予想されています。

また、2010年時点で人口ランキングのベスト10入りは、7位のナイジェリア(約1.6億人)のみですが、2100年の予想の人口ランキングのベスト10には、アフリカでは以下の5カ国が入ると推測されています。
(2013年 – 国連 World Population Prospects)

+ 3位 – ナイジェリア(約9.1億人)
+ 6位 — タンザニア(約2.8億人)
+ 8位 — コンゴ(約2.6億人)
+ 9位 – エチオピア(約2.4億人)
+ 10位 — ウガンダ(約2.0億人)

人口が経済規模を表しているというのは、これまで繰り返しお伝えしてきたとおりです。

人口の爆発的な増加は、巨大な消費市場の出現を意味します。

日本の援助

中国は2000年以降、アフリカに75億ドル以上の開発援助を行い、先行して進出をしていました。(今回の安倍首相の歴訪に、中国は対抗的なコメントを出しています。)

日本は中国の巨額の投資以上の支援をすることは、もはや出来ません。

しかし、中国の自国利益優先の支援と比べ、日本は、アフリカ人の技師・技術者の育成の支援などアフリカに利益をもたらす施策で違いを出していくようです。

国連の加盟国の約30%がアフリカ諸国であることから、重要な外交地域と位置付けています。

女性の政治進出

実は、アフリカでは女性の政治への進出が目立ちます。

– リベリア – 2006年に初の女性大統領の選出
– マラウイ – 2012年に女性大統領
– ルワンダ – 女性の国会議員比率が50%超
– ナイジェリア – 財務大臣、石油大臣の要職ポストは女性

このことからも、アフリカは決して遅れた国では無いという認識は必要ではないかと感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です