ラトビアのユーロ導入

2014年の1月に、バルト海沿岸国の旧ソ連のラトビアが、18か国めのユーロ導入となりました。

ラトビアとは

ラトビアは、ヨーロッパ北東部に位置し、リトアニア、エストニアとともにバルト3国と呼ばれています。

+ 首都 : リガ
+ 面積 : 6.4万平方Km
+ 人口 : 約200万人
+ GDP : 約17,000usd
+ 独立 : 1990年5月にソビエト連邦から

ラトビアの経済危機

ラトビアは、リーマンショックの恐慌のあおりを受け、2008年~2010年まで激しい経済危機に陥りました。

国内2位のバレックス銀行は国有化され、政府はIMFに対して緊急融資を要請しました。

その際に厳格な緊縮政策を実施し、わずか2年後の2012年には、5.6%成長へと復活を遂げました。

ユーロ加入の是非

ユーロ加入のメリットは、次の2つです。

– 現地通貨の為替変動リスクが無くなることによる海外からの投資増加期待
– ウクライナなどに見られる、旧ソ連圏とロシアとの微妙な関係から距離感ができる事

デメリットは、以下の点です。

– ユーロ加盟基準を満たしているために、経済危機に陥っている他のユーロ国への負担を強いられる事
– 物価上昇の可能性

ラトビアでは、国内に流入しているロシア系のマネー比率が高く、非常にアンバランスな状態です。

また、旧通貨のラットは2週間の併存期間を経て姿を消したようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です