後進国の成長が加速

アジア開発銀行(ADB)は、急速な経済成長を背景に、アジアは2022年には貧困をほぼ脱するとの予想を出しました。

貧困の比率

ADBや世界銀行では、1日に1.25ドル未満で暮らす人を「貧困層」と定義し、「貧困層」が人口の3%以下になったことを、「貧困がなくなった状態」と言うそうです。

アジアの新興国では、2010年の時点では、人口の約21%が貧困層でありましたが、2022年には、3%を下回り、2025年には、1.5%まで下がると予想されています。

低所得国

1人あたりの国民総所得(GNI)で見ると、1036ドル/年が低所得国と定義されています。

2012年時点では、アフガニスタン、バングラデシュ、カンボジア、ミャンマー、ネパールなど7か国でありましたが、2025年時点では、ネパール、アフガニスタンの2か国と激減の予想です。

インフラ整備とASEAN統合

ミャンマーやカンボジア、バングラデシュなどが、今後10年ほどで、中所得国の仲間入りをする見通しです。

インフラ整備や教育などの成長を後押しする政策が一段と必要になります。

また2015年末には、ASEAN経済の統合が予定されています。

域内関税の撤廃や、人的資源の流動化(ビザ無し)などが始まると、より一層の成長が期待できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です