ナイジェリアの躍進

ナイジェリア政府は2013年のGDP(国内総生産)の統計改定値を発表し、南アフリカを抜いて、アフリカ最大の経済大国になりました。

そして、世界では26番めの経済国になります。

アフリカ主要国の経済大国

以下、2013年のアフリカ主要国のGDP推定値です。

1.ナイジェリア — 5100億米ドル
2.南アフリカ  — 3500億米ドル
3.エジプト   — 2600億米ドル
4.アルジェリア — 2100億米ドル
5.アンゴラ   — 1200億米ドル

ナイジェリアに関しては、人口はアフリカ最大の1億7000万人であり、石油生産量は世界12位、輸出量は世界8位の世界有数の産油国です。

経済構造の変化

今回の統計値の修正で、産業構造の変化が確認できました。
石油・ガスのシェアは、32.4%–>14.4%へ急低下、農産物や工業製品も、揃って低下です。

一方で、通信、IT、航空、音楽が急進しています。「ノリウッド」と呼ばれる映画産業も出現しています。もはや、石油立国という事では無くなってきています。

GDPの年7%成長は、新産業が大きく寄与しています。

また、インフレ率も、2014年は、前年の7.9%から7.0%へ低下が予想されています。

外資の進出

アフリカの成長の中心となる事を睨み、ネスレ(食品 – スイス)やハイネケン(ビール – オランダ)が巨額の投資を行い、南アフリカからも、スタンダードバンク(銀行)やMTN(通信)が進出しています。

日本企業は、他のアジア勢(中国、韓国、インド)と比べると、遥かに遅れており、急がねばなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です