利益をすべて株主に還元 – アマダ –

『稼いだお金を全て株主に配分する。』

東証1部上場の金属加工機械のトップ企業である「アマダ」が驚くべき発表を行いました。

100%還元

5月にアマダが発表した株主還元プランは衝撃的でした。

今期と来期の2期にわたり、以下の株主還元を行います。

  • 手元に残る利益の半分を配当で還元
  • 手元に残る利益の半分を自社株買いに充当

日本企業では、過去に例のないダイナミックな方針です。

見事な財務内容とROE

自己資本比率は75%

実質無借金経営で、手元資金は豊富(現預金+有価証券)

約5500億円の総資産の内、手元資金と投資有価証券の合計は、約1500億円。

何とも素晴らしい内容です。

ROE(自己資本利益率)は3%

しかし、マーケットは別の一面を判断します。

それは、ROEの低さです。

分母である自己資本が高い分、ROEは低くなってしまいます。

株主から預かった資金を、経営陣が上手く活用できていないという評価になります。

欧米では2桁が当たり前であり、「資本効率が悪い企業は、株主還元をすべきである。」

キャッシュリッチの日本企業

多くの上場企業は、この数年で手元資金を増やしています。

実質無借金に近い企業も多く、このアマダに続く企業も増える可能性があります。

ROEが低ければ、株主還元を進めるか?

手元資金を使って、M&A等で積極的に利益拡大を狙うか?

経営者の手腕が問われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です