ASEAN開拓が進むクレジットカード会社

ASEANでは、与信が必要なクレジットカードより、銀行預金の範囲内で買い物の際に即時決済ができるデビットカードの普及が先行していました。

しかし、クレジットカード各社は、ASEANでの市場開拓を本格化させています。

巨大な潜在市場

クレジットカードは、1人当たりのGDPが3000ドルを超えると普及が加速するとされていますが、ASEAN諸国は以下のようなGDP数値にまで増加しているのです。

– シンガポール — 54,775ドル(2013年)

– マレーシア    — 10,547ドル

– タイ     – 5,674ドル

– インドネシア – 3,509ドル

– フィリピン  – 2,790ドル

– ベトナム   – 1,901ドル

– カンボジア  – 1,016ドル

– ミャンマー  – 868ドル

3,000ドル以下の各国も、都市部の中心エリアでは、すでにその水準をオーバーしています。

スマートフォンの決済端末

ベトナム・ホーチミンのローカルマーケットの「ベンタイン市場」は現金決済が基本です。そのマーケットでマスターカードがスマートフォンの決済端末の無償配布を始めました。

ASEANの主要6か国のクレジットカードの発行枚数は、2013年は、約6150万枚。2018年は、約7700万枚を予想しています。

人口が1億2000万の日本が3億枚超の発行枚数であることを考えると、ASEANの6億の人口は、魅力ですね。

観光客の需要だけでなく、所得が増えるローカルの需要を大変な潜在力を持っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です