三井住友銀行のACLEDA銀行株の取得

三井住友銀行は、カンボジアNo.1の銀行、ACLEDA Bankの株式を「12.25%」取得を発表しました。

昨年8月に、ビジネス協働を目的とした業務提携覚書を締結し、本年1月より、日系企業向けの相談窓口の「Foreign Corporate Unit」の運営支援を始めていました。

IFCからの譲渡契約

三井住友銀行は、9月にACLEDA 株式を設立当時からの株主である国際金融公社(International Finance Corporation)– 世界銀行のグループ会社 –から株式の譲渡を受けます。

その取得金額は、100億円以上だそうです。

オリックスも株主に

今回の三井住友銀行以外にも、昨年暮れには、オリックスが「6%」の株式を取得しています。

日系企業の進出が相次ぐカンボジアは、GDP7%成長が続いています。

日本の金融機関は、そのビジネスチャンスを感じ取っているため、最強金融機関(ACLEDA Bank)との関係強化を急いでいるのですね。

カンボジアでは、通常貸出金利は10%以上です。

貸出の利ざやの大きな国であり、資金需要も旺盛なので、金融ビジネスはまだまだ伸びるセクターです。

http://www.acledabank.com.kh/kh/eng/index.php
ACLEDA Bank Plc. – Cambodia

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です