新興国へ攻める医療ビジネス

新興国では、インフラの整備が急ピッチで進められています。

道路や橋、港湾や空港なども重要ですが、医療機関も必要不可欠なインフラであり、日本が参入すべき成長市場だと言われています。

アジアで進む「病院輸出」

世界トップクラスの長寿国の実績を背景に、日本の「医療技術」や「医療サービス」の海外進出という「病院輸出」が始まっています。

+ ミャンマー  — 日本式総合病院の設立
+ インドネシア  — 総合内科医院(糖尿病などの慢性疾患)の進出
+ ロシア    — ウラジオストック画像診断センターの設立
+ サウジアラビア — 透析センターの設立
+ カザフスタン  — 高度がん診断センターの設立
+ カンボジア   — 救急救命センターの設立

医療機器の単体の輸出では、価格競争で太刀打ちできないために、技術指導や病院の運営システムまでを総括してパッケージ化した「日本式病院」の輸出ビジネスです。

カンボジアの救急救命センター

近年カンボジアでは、交通事故が多発しており、救急医療の整備が整っていないために尊い命を落とすこと、経済格差が激しく緊急時に平等に医療が受けられない事、が大きな問題となっており、日本が支援を始めています。

救急救命センターは、以下が設立母体となっています。

– 日揮(プラント大手)– 51%

– 産業革新機構(官民ファンド) — 46%

– KNI(医療法人社団)– 3%

JICAからの融資も受けますが、民間企業が積極的に医療ビジネスに参入しています。

日本が培ったノウハウの新興市場への開拓であり、新興国の発展に寄与するプロジェクト。

このようなことは、ODA資金の有意義な活用だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です