苦戦するASEANのナショナルフラッグ

ナショナルフラッグである「マレーシア航空」は、度重なる航空事故で存続の危機にありますが、「シンガポール航空」「フィリピン航空」「ベトナム航空」などの老舗のナショナルフラッグも業績の低迷に苦しんでいます。

LCCとの価格競争

低迷の最大の要因はLCC(格安航空会社)の急速な進出による競争激化ですね。

ASEAN地域内路線のLCCのシェアは、以下のように大きく数値を伸ばしています。

– 2007年 –> 約20%

– 2013年 –> 約60%

ASEANを拠点とナショナルフラッグの航空会社は、アジア路線の近距離路線が、その多くを占めています。

2~3時間なら少し狭くても、サービスが無くても・・「価格が安ければ」ということですね。

中東系のエアライン

LCCだけでなく、中東系のエアラインとも熾烈な競争にさらされています。

+ エミレーツ航空(UAE)

+ カタール航空(カタール)

+ エティハド航空(UAE)

特に欧州路線は、シンガポール航空はもろに被るエリアで、得意のサービス面で競い合っています。

ワールド・ファイブスター・エアラインのランキングでは、直近では、上位は「シンガポール航空」とともに、「エミレーツ航空」「カタール航空」が占めています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です