タイで勃発する「コーラ戦争」 

世界中でコーラと言えば、「コカコーラ」と「ペプシコーラ」のツートップです。

お互いの会社を標的とした比較広告で、両社は長く「コーラ戦争」を続けています。

タイのコーラ事情

アジアの「熱帯性気候」に「スパーシーな料理」は、コーラとの相性が良く、毎日2~3本消費するヘビーユーザーも多く、タイやフィリピンはコーラの消費大国になっています。

そのタイで、コーラ事情に異変が起こっています。

5年前は、ペプシとコカコーラで85%の圧倒的シェアであったのが、昨年は、両社合計のシェアは70%まで急低下しました。

ペプシの現地提携先の解消問題が発端でしたが、新しい2つのブランドがシェア急上昇です。

1つは、南米の「ビッグコーラ」でノンカフェインが特徴です。

もう一つは、地元タイの「エスト」です。

タイで人気スポーツであるプロサッカーのスポンサーになるなど、ブランド認知度を高め、ゼロから10%弱までシェアを伸ばしました。

新マーケットのASEAN

コーラビジネスにおいて、すでに日本や中国は成熟市場であり、ペプシとコカコーラで90%以上のシェアを握っています。

タイ、ベトナム、インドネシアなどのASEANの新興市場は、売上が年々拡大している魅力あるマーケットです。

売上増を狙って、貴重な経営資源を注入するなら「ASEAN」ということですね。

ASEANでの飲料ブランドの変化に注目です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です