お金の価値観

はじめまして。

コラムを担当する菅といいます。
現在ファイナンシャルプランナーとコーチをしています。

ここでは、みなさんとお金に関してまつわる事を学んでいきたいと思います。
よろしくお願いします。

今日のテーマは「お金の価値観」です。

いきなりですが、
「あなたにとってお金ってなんですか?」

いきなり言われて、
「え、お金はお金でしょう?」と思う方も多いでしょう。

でもあえて「あなたにとってのお金とは?」を考えてみましょう。

ファイナンシャルプランナー的な答えとしては
「物と物との交換券」や「物の価値のものさし」となります。

「ありがとう」の対価という人もいます。
ここでいうお金は目的のものを得るツールですね。

その他
「無くてはならないもの」
「生活のために必要なもの」
「お金は人生を狂わせるもの」
「お金の話をするのは卑しい」

という価値観を持っている人もいるでしょう。

みなさんは、「お金が欲しいですか?」
と聞かれたら、なんと答えますか?

ほとんどの人が「はい」と手をあげるのではないでしょか?
お金のことでいやなイメージを持っている人でも。

目的も無いのに欲しくなるのですね。
ここでのお金は、もう目的物を得るためのものを超えていますね。
その心の中には、何があるのでしょうね?

お金を持っている=幸せな生活
となっているのではないでしょうか?

でも、世の中をみてみるとどうでしょう。

お金をたくさんもっていても幸せではない人
お金がたくさん無くても幸せそうな人

お金もちになれば、
もう少し収入があればと思うこと多々あると思います。

でもお金が幸せをもたらすとは限らないのです。

その人のお金との関わり方とその人の心の基準が「幸せ」を決めていると思います。
だからこそ始めに「あなたにとってのお金とは?」を探ってほしいと思います。

この世の中、今のところお金と関わっていかなければなりません。
お金に対する価値観が、あなたの生き方に関わってきます。

ぜひ、考えてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です