長期間運用することで大きな利益を手にしましょう

金融コンサルタントの木村剛さんの書籍より、大変勉強になる一節を発見したので抜粋させていただきました。

2008年度の本ですが、真実は何時の時代でも通用するものです。

Ben Bernanke dollar

長期間マーケットに居続けましょう
株価の変動は短期間で見ると非常に大きいのですが、長期的に見るとならされて、平均的な収益率へと収束していくわけです。
短期で勝負せずに、長期間黙々と勝負を続けることができるのならば、12%という優れた利回りを自分のものにできるのです。長期間マーケットに居続けるーこの考え方が個人投資家における「投資戦略」の基本になります。
ただそのためには、30年という長い時間を掛けることでリスクを低くしていかなければなりません。運用期間を長くとればとるほど、短期的なパフォーマンスのブレを無視できるようになります。株式本来の収益性の高さを享受できるようになるのです。
ですから、いかにいま株価が下げていようと悲観しないでください。悲観すべきなのは、株価の動きに一喜一憂して、短期的な売買を繰り返すことのほうなのです。
 「投資戦略の発想法 2008」 金融コンサルタント 木村剛=著

運用の基本は「時間を使うこと」ですね。

大変勉強になります。