2014年(平成26年)1月から少額投資非課税制度(日本版ISA)が始まります。

2014年(平成26年)1月から、少額投資非課税制度(日本版ISA)が導入されます。日本版ISAとは、少額投資非課税口座(ISA口座)内で保有する上場株式等や投資信託の配当所得や売買益にかかる税金が非課税となる制度です。

ISAの利用には、専用の口座を開設する必要があります。各々口座を解説している金融機関にお問い合わせください。

日本版ISAの5つのメリット

  1. 上場株式等、投資信託の売却益や配当金/分配金にかかる税金が非課税に
  2. 対象者は日本に住む20歳以上の方
  3. 2014年から2023年まで、毎年100万円のお買付け分が非課税に
  4. それぞれ投資を始めた年から、非課税期間は最長5年間
  5. 非課税枠は最大500万円

1年で100万円1口座。3年かけて合計300万円3口座の開設が可能となります。

考察

年間100万円までという枠は、投資運用を考えるととても小さな額です。その意味では効果が高いものとは思えず、制度としては付け焼刃的な感じを受けます。

ISA口座内の資産は他の口座(特定/一般)とは別枠で考える必要があるなど、非常に融通の効かないものになっています。

途中売却してしまうとISA口座の枠は再利用が効かないという点も注意が必要でしょう。

英国の ISA(Individual Savings Account)の実施状況  – 日本証券業協会

総合すると、このISA口座の目的は貯蓄から投資へと国民の意識を向けさせようということより、日本の金融機関に新たに競争の枠を用意したという意味合いのほうが大きそうです。

一般消費者からすると、制度として使えるものが出てきたので作っておいて損は無さそうです。

特別支給の老齢厚生年金の受給開始年齢の引上げが始まりました。

2013年4月1日より、いろいろな制度が変更になりましたが特別支給の老齢厚生年金の受給開始年齢の引上げもその一つです。

http://www.gov-online.go.jp/useful/article/201301/2.html

特別支給の老齢厚生年金の受給開始年齢の引上げが始まります。

厚生年金に関しては次のような資産も出ているようです。

http://www.fukeiki.com/2009/05/nenkin-hatan-2031.html
厚生年金積立金が2031年に枯渇し破綻の見通し

当研究所での見解は、国に頼らず、自立した個人であることを、です。

インデックス運用ユーザー必須のアプリ「世界の株価」が便利

http://app.myindex.jp/worldstock/
世界の株価がひと目で分かる! iPhone 株価チェック アプリ 『世界の株価』

インデックス運用を行なっている人には絶対に手に入れておいて欲しいiPhone / iPadアプリです。

起動画面

IMG 0008

起動すると世界の株価や通貨、商品などの価格変化が表示されます。

IMG 0007

世界経済の前日比や1年比が表示できます。

1年比の項目でその市場に1年間投資していた場合のリターンが把握できるわけです。

IMG 0009

世界平均の1ヶ月を選択しました。

前日からの伸びが-0.8%、1ヶ月の伸びが+0.8%、そして1ヶ月間の価格変動がグラフに表示されています。

IMG 0010

ヨーロッパ地域の6ヶ月間を選択してみました。

IMG 0011

金価格も見ることができます。

ここ1年ほどは金価格も横ばいだったんですね。

IMG 0012

世界の株価一覧。

IMG 0013

通貨も見ることができます。

FXをしている人にとってはリアルタイム表示ができないこのアプリはあまり役立ちませんが、大きな動きさえわかればいいインデックス投資家にとっては価格が一望できるので便利です。

IMG 0014

もちろん、個々の通貨を詳細に見ることも可能です。

IMG 0015

世界の地価も見ることができます。

有料アプリですが、値段以上の価値があると思います。

このようなアプリで情報を取りつつ、経済ニュースを眺めていると投資のカン
が養われていきますね。

HSBCのATMカード海外利用限度額をインターネットバンキングで設定しよう

自宅から自分の口座を操作できるインターネットバンキングはとても便利なものです。

特にHSBCなど海外の銀行口座に預けてある資産を動かそうと思うと、すぐに現地に行けるわけではありませんからインターネットバンキングを重宝しますね。

PHOTO365 DAY 4

HSBCのインターネットバンキングですが、2013年3月1日以降香港以外で利用するATMカードの海外利用限度額の設定が必要になりました。

設定していない場合はATMでお金を引き出そうとしても引き出せなくなります。

設定はインターネット上で簡単にできるので、下記サイトを参照の上お試しください。

http://blog.livedoor.jp/hsbc_otasuke/
香港HSBCお助け支店 支店長ブログ ~支店長が教える海外投資を楽しむ究極のHSBC活用法~

アクティブ運用とインデックス運用

ID 1009179

インデックス運用とは日経平均株価など(ベンチマークと呼ばれています)と連動する投資信託などで運用する手法のことです。

インデックス運用のメリットはアクティブ運用と比較して、銘柄の選別や企業分析などにコストが掛からないことが挙げられます。

危険性

例えば10年前、「中国に投資をしよう」というと、多くの日本人は「危険だ」「信用できない」という反応を示しました。

また投資に積極的な人は「どの銘柄を買えばいいのかわからない」という反応でした。

投資を始めようとする時、多くの人は「何を買えば?」や「どれを買えば?」、「いつ買えば?」という事を気にすると思います。

この投資の手法が、アクティブ運用という手法になります。

銘柄や投資先、タイミングを自分で判断する運用方法のことです。

アクティブ運用で中国を攻めようと思うと、情報が取れなかったり、中国に証券会社にどのように証券口座を開けばいいのかわからなかったり、様々なハードルがあったと思います。

アクティブ運用は当たればリターンが大きいですが、外すとダメージが大きい投資手法です。

自分でリスク管理ができる、上級者向けの方法といえるでしょう。

インデックス運用のメリット

インデックス運用はその国すべてを買うことと同義です。

仮に中国市場を例に挙げると、銘柄選定に困る人はいても、中国市場が成長しないと判断する人はいなかったと思います。

今後の世界経済を見渡すと、東南アジア諸国が伸びていくのは誰が見ても明らかだと思います。

多くの人口、若い平均年齢。

マレーシア、フィリピン、カンボジア、ベトナム、ミャンマー、たくさんの国々にチャンスが訪れています。

21世紀はアジアの時代です。

しかしどの国がどれだけ伸びていくのか、それは誰にもわからないことです。

当然、成長過程においては大きく凹むこともあるでしょう。

明日や来月、来年の株価は予想がしにくいです。

ですが5年後や10年後、20年後の経済成長は予想が容易です。

日本の1980年台の頃のような街の様子を見せるアジアの国々は、きっと20年後には高層ビルの立ち並ぶ日本の街並みにまで発展することでしょう。

ならばその国すべてを買ったほうが外しにくいのです。

インデックス運用は投資初心者や本業で忙しいサラリーマンなど、情報を取るための時間的余裕が無い人のための投資手法と言えます。

コーンヒルなどの積立投資商品では、世界経済へのインデックス運用が可能になります。