タイで勃発する「コーラ戦争」 

世界中でコーラと言えば、「コカコーラ」と「ペプシコーラ」のツートップです。

お互いの会社を標的とした比較広告で、両社は長く「コーラ戦争」を続けています。

タイのコーラ事情

アジアの「熱帯性気候」に「スパーシーな料理」は、コーラとの相性が良く、毎日2~3本消費するヘビーユーザーも多く、タイやフィリピンはコーラの消費大国になっています。

そのタイで、コーラ事情に異変が起こっています。

5年前は、ペプシとコカコーラで85%の圧倒的シェアであったのが、昨年は、両社合計のシェアは70%まで急低下しました。

ペプシの現地提携先の解消問題が発端でしたが、新しい2つのブランドがシェア急上昇です。

1つは、南米の「ビッグコーラ」でノンカフェインが特徴です。

もう一つは、地元タイの「エスト」です。

タイで人気スポーツであるプロサッカーのスポンサーになるなど、ブランド認知度を高め、ゼロから10%弱までシェアを伸ばしました。

新マーケットのASEAN

コーラビジネスにおいて、すでに日本や中国は成熟市場であり、ペプシとコカコーラで90%以上のシェアを握っています。

タイ、ベトナム、インドネシアなどのASEANの新興市場は、売上が年々拡大している魅力あるマーケットです。

売上増を狙って、貴重な経営資源を注入するなら「ASEAN」ということですね。

ASEANでの飲料ブランドの変化に注目です。

環インド洋連合(IORA)とスリランカ

環インド洋連合 (IORA – Indian Ocean Rim-Association)とは、インド洋を取り巻く加盟国内での「貿易」や「投資の活性化」を目的とした国際組織で、APEC(アジア太平洋経済協力会議)のインド洋版です。

構成メンバー

– オーストラリア   - バングラデシュ
– インド       - イラン
– インドネシア    - UAE
– マレーシア     - ケニア
– シンガポール    - タンザニア
– タイ        - モザンビーク
– 南アフリカ     - マダガスカル
– スリランカ     - セイシェル

など計20か国から構成されています。

インド洋の真珠「スリランカ」

「環インド洋連合」の地理的な中心地は「スリランカ」なのです。

スリランカは「インド洋の真珠」と呼ばれています。

– 中国に対する「香港」
– ASEANに対する「シンガポール」

のように、このエリアにおけるビジネス・ハブを目指しています。

アジアと中東・欧州やアフリカを結ぶ主要航路上にある地理的に絶対的な優位性を持っています。

環インド洋各国の貿易量は、今後10年で倍増が予想されています。

拡大する経済圏

域内の人口の伸びは目覚ましく、2010年の22億人から、2030年には30億人と予想されています。

今、ホットな「ASEAN」から、爆発的な人口を有するインド・パキスタン・バングラデシュなどの「南アジア」、そして地球上最後のフロンティアと言われる「アフリカ」、「環インド洋エリア」は魅力たっぷりです。

日本からその環インド洋エリアへのアクセスには、必ず「ASEAN地域」を通ります。

ASEANの背後には、この「環インド洋エリア」があることをお忘れなく!!